低たんぱく食品は腎臓病の食事に本当に必要です

日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。実際に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外あまたのたんぱく質がふくまれているのです。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取することになるのです。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個に近いたんぱく質がふくまれている理由です。腎臓病時のご飯療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、良好な体調の存続です。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法次第で腎不全が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。更に言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は重要視されます。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。背中に二つ存在する腎臓で尿が創られはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を造るはたらきをしたり、私たちの体にとって大事なはたらきをしています。 言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応しい治療を受けることも先決ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。ご飯をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓でろ過され、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにして下さい。CKDの治療において薬物治療とご飯療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30~40g程になります。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。あわせて読むとおすすめ>>>>>低たんぱく食品 通販