クレアチニンを下げるには低たんぱく食事療法が基本

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、日頃からマイペースなリズムで生活することによっていつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自分ではなかなかわからなかったりするので、常に油断しないようにすることです。尿に違和感があった際には、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や果物と比べて多量のカリウムがふくまれています。沿ういった所以もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると次は腎不全と呼ばれる状態になります。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長期間にわたり腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能が回復する可能性があります。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。腎臓の機能に異常が顕れた時は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、遅らせることができるようになりました。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、これまでの透析療法や移植とは別にさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の現状に照らし合わせた治療を受けることができます。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的に応用したご飯を創ることも可能です。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が創られはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、私立ちの体にとって大切なはたらきをしています。 腎臓の治療は持ちろん病院にきてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日頃から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰の辺りに左右1個ずつあります。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管があまた密集している場所でもあります。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球を創るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。続きはこちら⇒クレアチニン 下げる