父の日は内緒でうなぎを取り寄せしている

鰻を食す習慣についての由来にはいろいろあり、讃岐の平賀源内が助言し立という説が最もよく知られています。それによると、商売が上手く行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。平賀源内は、「今日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。その魚屋は大変賑わいましたした。それ以後、街の鰻屋もそれを真似して、うなぎは土用の丑の日に食べる風習が一般化しました。ニホンウナギはウナギ科ウナギ属の総称です。うなぎといえばうな寿司など日本の風土と深い関わりをもつ魚類と伝えられがちですが、正確には世界中の暖かい海に広く生息する魚で、その種類も18種類以上にのぼります。日本では、二ホンウナギとオオウナギの2種が確認されています。うなぎ料理にニホンウナギが使用されます。オオウナギは名前が示していますが、全長2m、体重20kgに迫るうなぎで九州や西南諸島で料理に使うそうです。日本の水産庁はうなぎを2014年に絶滅危惧種に指定したが、これまでずっと何もしない間に、ニホンウナギの生息数は90%も減少してしまった。国産天然うなぎの出荷は激減しており、昨今市場に出ているのは、シラスウナギを手網で取って育てた養殖うなぎだ。ウナギは、日本・中国・韓国・台湾で養殖されていますが、うなぎの稚魚が年を追うごとに獲れなくなってきている。各社の報道だと、シラスウナギの漁獲高は前期の1%程度と大変な不漁で、うなぎの価格も急騰している。これまで、うなぎ店からうなぎ通販まで、各種のうなぎを食べてきました。 臭みの強い安いうなぎを食べて、何度も捨てた経験があります。ネット通販(初めて利用するなら、楽天市場やYahoo! JAPANショッピングなどのショップを使うといいかもしれません)でウナギを購入するなら、味、はやさとも「うなぎ専門店」がベストだと思ってます。うなぎ通販専門店の美食市さんは、味が良いうえに、品質と安全性に万全を期しています。安いだけでマズいうなぎだと、お金をドブに捨てるようなものです「おいしさ」とは、時代の流れよって変わる可能性があるものです。ちかごろでは、スーパー(最近では大型の店舗が増えています)に中国産でいっぱいになり、特に若い人達は中国産の鰻蒲焼の味に馴らされています。彼らの中には、究極の「炭焼き鰻」を食べたことがないと言う人が多いと考えられます。大変なことになります。本来のウナギの旨さを理解できる人が少なくなり、うなぎの味のベーシックは「中国産のウナギ蒲焼」になっているということです。大げさに言えば、この事は「日本の食文化の崩壊」だと感じます。ウナギ蒲焼きを専門に取り扱う有名通販ショップは、厳選した自慢の買い付けルートを確保しています。そのうえ、自社で養殖・加工・調理のすべてを行うことによって、鰻のクオリティーだけでなく、技と味に絶対の自信を誇っているショップが少なくありません!ハイクオリティなウナギを確保・供給が出来、値段的にも安定している通販ショップは安くて安全で、さらに上質な浜名湖産鰻を、すぐに自宅で安価に食べられるので、とても良いことです絶品うなぎの蒲焼きの食べかたは、お客様がとて持たくさんいる、大盛況店を選ぶことが重要になります。また蒲焼のうまさを増すものに秘伝のたれがある。そのうえ鰻のエキスが絶妙に溶け込んだタレほど、旨味を増幅指せます。また、蒲焼は出来立てを食べることが肝要である。冷めたらおいしくありません。そこで、長い経験から生まれた工夫で、うなぎの蒲焼きを入れるお重を湯で温めて出す地方もある。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>父の日 うなぎお取り寄せ